奥びわ湖の魅力ある旅をご案内します!

ようこそ、奥びわ湖のガイド協会のホームベージにお越しくださいました。
●70名近いガイドがいつでもお待ちしています。
●自然・歴史・文化・産業・食や農業体験などどんなガイドでもお任せ下さい。
●一人旅・二人旅・家族での旅・仲間との旅・団体の旅、どんな旅でもご案内します。
『マイガイド(私のガイドさん)』として、私達をお役立てください。
今までにない楽しい旅が始まります。

2018年秋ハイキング日程表をアップしました!

4月18日より、全7回にわたり観音講座を開催します!

奥びわ湖観光ボランティアガイド協会について

奥びわ湖観光ボランティアガイド協会発足の経緯

本会は平成24年4月に発足した会で、今年で5年目となります。旧伊香郡の4つの町と湖北町のエリアのガイドが中核となっています。合併するまでにあったボランティアガイド組織は、湖北町観光ボランティアガイド協会、奥びわ湖ボランティアガイド協会(木之本が中心)、はごろもボランティアガイド協会(余呉町が中心)などで、高月、西浅井にはしっかりとした組織はありませんでした。実質ガイドできる人材は多くありませんでした。小谷城の「江」の博覧会で湖北町を中心に80名近いボランティアガイド組織が結成され、また翌年に開催された戦国博覧会で、「賤ケ岳合戦語り部」のガイド組織が結成されました。

本会のガイド組織が最初から多くの会員によって組織されているの、それまでに新しい大きな2つのガイド組織が立ち上がっていたという特殊な経緯があるのです。また今まで小谷山のガイドや賤ケ岳のガイドに関わっていた人も、長浜ボランタリガイド協会に所属している人も、自由に入会できるようになっているのが特徴です。よって長浜の協会と本会と両方に加入している人もかなりいます。現在の会員数は約70名を越え、県内でも彦根。長浜に肩を並べる組織で、活動内容多く、予算規模も大きい組織です。

毎日のようにガイド活動があり、休日となると一日に数十名が対応しています。

ガイドスケジュール

お問い合わせ